公立大学法人 福井県立大学 小浜キャンパス  海洋生物資源学部/海洋生物資源学科

海洋生物工学研究室

Laboratory of Marine Biotechnology   Fukui Prefectural University


 HOME  研究内容  研究業績  メンバー  リンク

 研究内容



 

現在取り組んでいる研究 (宮台俊明 名誉教授) 

1、トラフグの免疫機構
 免疫を担う細胞が分化する過程(かてい)や免疫細胞が産生する物質の役割を、分子生物学的手法によって研究する。

2、トラフグの口白症ウイルス
 口白症(くちじろしょう)ウイルスの遺伝子を解明し、感染防御(かんせんぼうぎょ)の方法を探る。

3、トラフグの前雄生産
 全て雄を生む雌親魚(めすしんぎょ)の作出に取り組んでいる。

 

現在取り組んでいる研究 (末武弘章 准教授) 

魚類も病気にならないように免疫系を持っています。しかし、その仕組みは十分には解明(かいめい)されていないのが現状です。これまで、免疫に関わる細胞を同定(どうてい)し、この仕組みがどのように動き出すのかを明らかにすることができました。これからは、免疫系が体内で効率よく機能するための時空間的な制御(せいぎょ)がどのように行われているかを明らかにしたいと考えています。具体的には、体の中で病原体(びょうげんたい)免疫細胞が出会い、免疫の仕組みが動き出す場所とその場所がいかにして形成(けいせい)されるのかを明らかにしたいと思っています。こうした免疫の仕組みが明らかになれば、魚類の病気の発生を抑える技術開発(ぎじゅつかいはつ)につながると考えています。


 Copyright (C) 2011 Laboratory of Marine Biotechnology Fukui Prefectural University All rights reserved.