ようこそ,福井県立大学 海洋生物資源学部 小北研究室のホームページヘ

莫大な多様性をもつ魚類を対象に,その興味深い表現型多様性(特に生態的多様性や行動的多様性)や種多様性の創出機構にアプローチしています.私はもともとフィールド調査を主体とした進化生態学や行動生態学の分野から研究者人生を開始したのですが,現在は,遺伝学,ゲノム学,内分泌学などの手法を導入し,統合的な進化研究を展開しています.このような研究分野は「生態(エコ)ゲノミクス」とか呼ばれることもありますが,"General question"に答えるような研究成果を目指しつつも,水産・海洋系学部に所属する魚類学者ならではの視点も大切にしています.そのため,現代進化学の"Supermodel"の1つであるイトヨ類を用いた研究を展開するとともに,魚類学者としての良さを活かして,興味深い現象を示す非モデル魚種を対象とした研究プロジェクトを実施しています.詳しい研究内容は,研究概要および研究している魚たちのページをご覧ください.

News & Topics

  • 春季の学会で当研究室が関与する下記の発表を行いました.(2017.3.31)
    • ・小北智之,武田 稔,森 誠一.雄性ホルモンレベルと攻撃性における雌雄間の相関した進化.日本生態学会第64回全国大会.
    • ・林 寿樹, 北村淳一, 永野 惇, 手塚あゆみ, 小北智之.タビラにおける繁殖寄生と関連した雌産卵形質セットの進化.日本生態学会第64回全国大会
    • ・伊藤僚祐,三品達平,田畑諒一,小北智之,武島弘彦,橋口康之,渡辺勝敏.RNA-seqに基づく琵琶湖固有魚種の分岐年代と適応進化.日本生態学会第64回全国大会
    • ・平瀬祥太朗,小北智之,永野 惇,菊池 潔.RAD-seqによるシロウオ太平洋型と日本海型の交雑集団の遺伝解析.平成29年度日本水産学会春季大会
  • 2016年度の卒論生4名・博士前期課程院生1名が無事に卒業(修了)しました.(2017.3.24)
  • 新しいホームページを公開しました.(2016.12.1)

連絡先

小北 智之

福井県立大学
海洋生物資源学部
水産資源生物学研究室

大学院生物資源学研究科
海洋生物資源学専攻

〒 917-0003
福井県小浜市学園町1-1

  • kokita[at]fpu.ac.jp
  • 0770-52-6300, 9603
  • 0770-52-6003