さあ、はじめよう No risk no Fun!

福井は自然に囲まれています。その身近な自然の中には不思議がたくさんあります。日常になっている水田やあぜ道に。自然はなぜそんなにも美しいのか?その真理の一端を解き明かしてみませんか?さあ、一緒にScienceをしましょう。

一人一人の個性に合わせて、研究を通じて能力を磨いていって欲しいと思います。なので、目安として


卒業研究では「楽しむ気持ち」「根気」「観察力」を磨くため、調査型研究を進めて頂きます。たくさんの美しい現象を見つめる中で、自然の美しさを体感してもらいたいと思います。中途半端ではなく、一生懸命、根気よく続けていくことが大事です。忍耐力が必要ですが、一緒に頑張りましょう。


修士課程では「問題解決力」と「論理的思考力」を身につけて、研究開発だけでなく様々な分野で活躍するための、基盤を築いて行って欲しいと思います。「問題があればそれは解決できる」というような気持ちになって卒業できたら素敵ですね。


博士課程では「問題発見能力」を身につけるため、海外の共同研究先と連携した研究を主導的に進めて頂き、国際感覚を磨いてもらいたいと思っています。博士号と一緒に、どこでもやっていけるタフさを身につけて下さい。

 

充実した楽しい研究生活をおくってください。一緒にScienceをしましょう!

 


一緒に研究するには?
卒業論文学生の配属(対象: 福井県立大学生物資源学部の学生)
3年次の分属決定時に当研究分野の希望教員を選択することで所属することができます。希望者多数の場合には必ずしも希望に添うことができないことがあります。ミスマッチの解消のためには研究内容など事前に質問に来て頂くとよいと考えています。(生物資源学部棟6F 吉岡俊人, 608号室; 水口亜樹, 604号室; 塩野克宏, 606号室)


配属実績    【2015年度】 【2016年度】   【2017年度】
吉岡:       4名      2名        3名
水口:       2名      2名        1名
塩野:       0名      2名        1名


大学院修士課程・博士課程から
所属内部進学の場合と他大学の入学の別を問わず、福井県立大学大学院 生物資源学研究科の入学試験を受験して入学することになります。興味をお持ちの方はそれぞれの教員に直接ご連絡ください。受験前に事前打ち合わせをさせて頂きます。

博士研究員(ポスドク)として所属
日本学術振興会特別研究員への申請はいつでもお待ちしております。詳細についてはそれぞれの教員に直接ご連絡下さい。



吉岡俊人: yoshi (at) fpu.ac.jp
水口亜樹: mizuguti (at) fpu.ac.jp
塩野克宏: shionok (at) fpu.ac.jp

研究室はどんなところ?
ランチタイムセミナー: 毎週火曜日 12:15-13:00
(内容)進捗報告、論文発表など。

教員担当の学科セミナー: 6月、12月の第3火曜日 16:30-18:00
(植物資源学領域教員担当回は全員出席のこと)

掃除: 毎週火曜日 13:10-13:30(8-9月、1-3月は掃除の日を決めて実施。2月には大掃除。)  
 (内容)研究室の掃除、研究に関わる諸注意と連絡。
卒業後の進路は?
学部の卒業生は県内外の企業に就職する方が多いです。就職先も多岐にわたります。大学院修了者は研究分析能力を生かして企業や公的機関の研究・開発職に就く方もいます。

学部卒業
福井県立大学大学院、福井県(教員)、東洋紡株式会社、まいばすけっと(株)、株式会社アイジーエー、
有限会社谷口屋、黒龍酒造株式会社、株式会社一本義久保本店など

大学院(修士課程)卒業
福井県庁(農林業)、三基商事株式会社、JA越前たけふ、株式会社アコーディア・ゴルフなど
研究設備

・円筒型酸素電極装置(Cylindrical Pt electrode producted by Prof. Bill Armstrong and Prof. Tim Colmer)
・PCR装置(Takara)4台
・リアルタイムPCR装置(Takara)


・蛍光顕微鏡(Axio Imager.A2, Carl Zeiss)
・共焦点レーザー顕微鏡(LSM510 META, Carl Zeiss)
・蛍光実体顕微鏡(Carl Zeiss)
・クライオスタット(Leica)
・振動刃ミクロトーム(VT1200S, Leica)

・UHPLC(U3000 HPLC, Thermo Fisher Scientific)
・GC-MS(GCMS-QP2010 Ultra(HS-20 Head Space Sampler付き), SHIMADZU)
・GC(GC-2010 Plus, SHIMADZU)
・Nano-LC(Orbitrap Elite, Thermo Fisher Scientific)
・CNコーダー
・原子吸光分析装置

・葉緑素計(SPAD-502Plus, Konica Minolta)
・Eh, DOセンサー(藤原製作所, METLLER TOLEDO)

・実験圃場(永平寺キャンパス)
・実験水田(あわらキャンパス)
・ガラス温室
・コイトトロン
・グロースチャンバー 7台

など